え!?お店の売上が161%UPした「商売繁盛チラシ」の作り方?詳しくはこちらをクリック!
【娘と仲良くしたいパパ必見!】2018年にブレイクする邦楽バンドを独断と偏見で勝手に予想してみた! | ガリラボ/デザインマーケッターGARI

      2017/08/26

【娘と仲良くしたいパパ必見!】2018年にブレイクする邦楽バンドを独断と偏見で勝手に予想してみた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
デザインとかマーケティングとか使って売上UPをお手伝いする人。基本真面目系クズ。恥ずかしがり屋の目立ちたがり屋というめんどくさい一面しかない。人間が本当に好き。好きすぎて趣味が人間観察➡︎職務質問の無限ループ
詳しいプロフィールはこちら

 

まいど!ガリです!

ガリ

2017年もあと4か月くらいで終わりますね!

早い!早すぎる〜!

今年もたくさんのアーティストやバンドが世に出てきました!

「岡崎体育」や「WANIMA」、「Suchmos」、「SHISHAMO」などなど

結構若者を中心にブレイクしたと思います!

 

ただ、正直「ブレイク」の定義もわからなくなった感もあったりします…

「こんなバンドでたら売れるんじゃね?」みたいな商業的に作られたバンド!

別にそれはそれで間違ってはいないけど、そういった計算されて生まれたバンドより、

僕は好きな音楽をやってきた結果、自然的な流れで火がつくバンドの方が好き!!!!

ということで!

まだ、なかなか火はつかないけどこれからブレイクするかも!と個人的に思うバンドを紹介したいと思います!

ただ、いまさら2017年のブレイク予想してももう遅いので

来年2018年にブレイクするかもしれないバンド(してほしいバンド)を予想してみました!

※この予想はガリの独断と偏見をもとに構成されているので予想が外れても責任とりません!笑

 

もし、中学生・高校生の娘さんや息子さんと距離を縮めたいお父さんがいたら

このバンドネタを使ってその距離を縮めちゃいましょう!

教えたり教わったり、ちょっと普段の会話では生まれないような盛り上がりを見せるかも!笑

 

 

それではどうぞ!

 

リーガルリリー

 

たかはしほのか(Vo / Gt)、白石はるか(Ba)、ゆきやま(Dr)からなる3ピースガールズバンド。

2014年7月結成。2016年5月には海外公演でカナダ3都市をまわるツアーを敢行。

2017年ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017のWING STAGEのトリを行いました。

 

ワードセンスが天才

 

なんだろう。「なぜこんなにエモいのにシンプルで心地いいんだ!!」と感じるバンドです。

なにより、ボーカルの「たかはしほのか」が書く歌詞のセンスが飛び抜けてる!天才の域かも。

ここまでシンプルな歌詞でこうも悲しさや切なさを表現できるかね!と本当に感心します。

これで10代とか泣きたくなります!夕方の帰り道に聴きたくなる!

曲調もキャッチーだし、聴きやすいので女子の間で流行りそう!

ブレイク予感度:★★★★☆

公式HP: https://regallily.jimdo.com

 

 

ニガミ17才

 

岩下優介(ex. 嘘つきバービー / Vo / Gt)、平沢あくび(Syn)、イザキタツル(Ba)、小銭喜剛(わっしょいキヨシ / ex. ミドリ / Dr)からなる4人組バンド。

元・嘘つきバービー岩下が新たに結成したバンド「ニガミ17才」!

 

謎の世界観が癖になる

 

音楽性や歌詞が独特すぎて「この人たちの頭ん中どうなってんの?」って笑っちゃいますが、聴けば聴くほどその独創性とオリジナリティ溢れる世界観の虜に。笑

バンド自体がまだ新しいので、今後この独特な雰囲気を全開に暴れてくれることを期待しています。

ナンバーガールの世界観が好きな人なら、多分このバンドも絶対に気にいると思います!

ブレイク予感度:★★★☆☆

公式HP: http://nigami17.com

 

 

ドミコ

 

さかしたひかる(Vo/Gt)、長谷川啓太(Dr)の2ピースバンド。

ジミヘンを想わせるサイケデリックな歌声とサウンド。

 

サイケデリック!サイケデリック!サイケデリック!

 

こういう音楽性って古典的でニッチすぎるので少し前までは受け入れられにくかった部分もありましたが、今の時代は逆にこういう実験的な音楽もいいという人が増えてきたんじゃないかな。

ポップでもパンクでもない独特の雰囲気が好き!

典型的なロックだけじゃなくて、こういうサウンドバンドも選曲としてあっても楽しいと思います。

僕的に朝の支度のお供に聴きたいサウンドです!ブレイクしてほしい!!

ブレイク予感度:★★☆☆☆

公式HP: https://www.domico-music.com

 

DYGL(デイグロー)

 

Nobuki Akiyama (Vo/Gt.)、 Yosuke Shimonaka (Gt)、 Yotaro Kachi (Ba)、 Kohei Kamoto (Dr)の4人組バンド。DYGLと書いて「デイグロー」と読みます。平均年齢21歳!

 

世界基準で活躍できる若手バンド

 

最近は世界基準でも活躍できる日本のバンドがたくさん出てきています。

「ONE OK ROCK」とか「BABY METAL」まさにそうですね!

この背景には海外が日本の音楽性をリスペクトし始めたということももちろんあるんですが、

その逆もあって、世界基準で通用するバンドの定義として、いい意味で日本感を感じさせないことだと僕は思います。

要するに、一度聴いただけだと日本人なのかわからない感じです。

DYGLもそういうネイティブな発音ができるバンドだと思います。

日本のバンドで歌われる英語ってやっぱり日本感が出てしまうんでしょうね。

僕の妻もクォーターでアメリカに12年住んでいたんですが、日本バンドの英語はすごく片言で聞こえるらしくて、彼女曰く「大概の日本のバンドは海外では全く通じない」らしいです!笑

音楽性で言えばオルタナティブ、サーフ、パンク、ガレージで、海外では結構正統派なサウンドですが、日本からこういうサウンドを出せるバンドが出たこと自体が希少で単純に凄いなと感じました。

DYGLが世界を意識しているかは謎ですが、世界でも通用する若手バンドとして今後期待しています!

ブレイク予感度:★★★★☆

公式HP:http://dayglotheband.com

 

Tempalay(テンパレイ)

 

小原 綾斗(Gt/Vo)、竹内 祐也(Ba)、藤本 夏樹(Dr)による3ピースロックバンド。

結成から僅か1 年にしてFUJI ROCK FESTIVAL ’15「ROOKIE A GO-GO」に出演した経歴を持つ彼ら、僕的にかなり注目しているバンドです。

だら〜り聴きたい心地よいサウンド

 

キラキラ脱力系サウンドで聴いててかなり心地よいです。

フィッシュマンズな気配もありつつ、Long Beach Dub AllstarsやTommy Guerrero西海岸っぽく明るく、陽気な雰囲気を感じさせます。

気持ちい!気持ちい!ぎもじぃぃぃいい〜!!!

激しい音楽が苦手な人はこういうサウンドもアリなんじゃないでしょうか!

ブレイク予感度:★★★☆☆

公式HP: http://tempalay.com

 

ONE’S TRUTH

 

亀若 紀之 a.k.a NORI(Ba/Vo) 、武 幸佑 a.k.a TAKE(Vo/Gt) 、 海太(Dr)の3ピースパンクバンド。

バンド結成からわずか2ヶ月、あのBBQ CHICKENSの“Broken Bubbles Tour”初日に対バンとして抜擢されるという異色の経歴を持つバンド!

哀愁メロディとエモーショナルな演奏力を兼ね備えていてかなりパンチが効いてます。

 

スラッシュメタル×青春パンク

 

彼らの最大の特徴は、日本語青春パンクを思わせる心の奥深くを揺さぶる日本語詞とスラッシュメタル直径のギターリフやソロを融合させている、ありそうでなかった音楽性です。

こういうサウンドであれば、普通は英語で突き通すところですが、敢えて日本語歌詞にすることでスッと入ってくる感じがします。

素直にかっこいいな〜って。

高校時代にこういうバンドと出会いたかった!って本当に思います!

アンダーグラウンドで大注目されているので、火がつきそうです!

ブレイク予感度:★★★☆☆

公式HP: http://www.ones-truth.com

 

バズマザーズ

 

山田亮一(ex. ハヌマーン / Vo / Gt)、重松伸(Ba)、福岡”せんちょー”大資(Dr)の3ピースバンド。

知る人ぞ知る2012年に解散した伝説のバンド「ハヌマーン」の山田亮一が新しく結成したバンドです。

 

結果、変態。

 

ハヌマーンの話をしだすと止まらないので割愛しますが、山田亮一の歌詞にせよ、ギターセンスにせよ、世界観にせよ、いろんなルーツがあると思いますが、結果、唯一無二の音楽性になってしまったのでたぶん誰も真似ができないと思います。

変態です。

音楽性は完全にマイノリティなのに、なぜか癖になってしまう…不思議な魔力があります。

音楽を聴くというより、小説を読んでいる感覚に陥るときがあったり、本当に面白いです。

結構注目もされているので、そろそろブレイクの予感!

一度聞いてみる価値はあるかも!

ブレイク予感度:★★★☆☆

公式HP: http://buzzmothers.com

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

完全に僕の完全な独断と偏見で選出しました笑

どのバンドも、火がつく可能性を秘めていると僕は感じていますが、皆さんはどうでしたか?

 

こう見ると年々音楽のジャンルやスタイルが本当に細分化されて、自由度もどんどん増していっていると感じました。

どんな音楽が求められているのか、聴かれているのかを知ると世の中のニーズも見えてくるかもしれませんね。

あともう一つ、自分が今どういう音楽を求めているのかは、自分の心情や性格の投影なのかなとも感じました。

この記事書いてて僕は「根暗なロマンチスト変態」ということが発覚しました笑

 

いろんな音楽がこれからどんどん出てきますが、普段聞かないような音楽を聴いてみるとまた新たな発見や気づきもあるかもしれません!

ぜひ色々聴いてみてください!

2018年はどんな音楽が求められブレイクするでしょうか!これからめっちゃ楽しみです!

 

それでは〜!

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
デザインとかマーケティングとか使って売上UPをお手伝いする人。基本真面目系クズ。恥ずかしがり屋の目立ちたがり屋というめんどくさい一面しかない。人間が本当に好き。好きすぎて趣味が人間観察➡︎職務質問の無限ループ
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



Copyright© ガリラボ/デザインマーケッターGARI , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。