え!?お店の売上が161%UPした「商売繁盛チラシ」の作り方?詳しくはこちらをクリック!
Appleを意識したらすごい強力なお店のファン作れるんじゃない?と思った話 | ガリラボ/デザインマーケッターGARI

   

Appleを意識したらすごい強力なお店のファン作れるんじゃない?と思った話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
デザインとかマーケティングとか使って売上UPをお手伝いする人。基本真面目系クズ。恥ずかしがり屋の目立ちたがり屋というめんどくさい一面しかない。人間が本当に好き。好きすぎて趣味が人間観察➡︎職務質問の無限ループ
詳しいプロフィールはこちら

 

Apple大好きガリです!

あ、一応Apple社のことですよ。

MacのApple!りんごじゃありません(このくだりってたぶん誰もが腐るほどやってんだろうな)

そんなことはさておき、僕はAppleファンなので、

基本的にスマホとパソコンや音楽プレーヤーはずっーとAppleを使ってきました。

日々進化していく使いやすさやデザインももちろん好きなんですが、

何が一番好きかって、Appleという会社が売っているものが「ライフスタイル」だから!

 

ん?ライフスタイル?

AppleってMacとかiPadとかiPhoneとかアプリとかを売っている会社だろ?

若蘭くん

いやいや、実はAppleが売っているのは「ライフスタイル」です。

Appleが世界中の熱狂的なファンから愛され、なぜここまで大きく成長できたかというと

「ライフスタイル」を売ってきたからなんです。

Appleの考え方を意識したら、あなたのお店にもAppleファンのようなすごい強力な顧客がつくかも!

 

 

Appleが売っているものは「ライフスタイル」

 

Appleと言えば、Mac(マッキントッシュ)、iPod、iPhone!

世界中で愛され続ける製品を数々生み出し続けている企業です!

もう今や世界で最も価値あるブランドとしてあのGoogleを抜き、長年トップをキープし続けています。

マジで凄いわ!Apple!

そんなAppleをここまで牽引してきたのが、創業者の1人、前CEOの故スティーブ・ジョブズ。

彼が目指したものこそ、「ライフスタイル」からビジネスをすることでした。

 

人間のライフスタイル絶対に楽しくなるよね?

 

もう、難しく書いてもあれなんで超シンプルに書きますね。

Appleの製品は

「こんなのあったら、人間のライフスタイル絶対に楽しくなるよね?」

からすべて生まれています。

単にデザインに優れたPCや音楽再生プレーヤーではなくって、その商品を通じて広がる楽しいライフスタイルが得られることが大前提なんです。

 

例えば、Macbookなんてまさにそうです。

Macbookも言ってしまえば、ただの薄型ノートパソコンです。

 

でも僕が初めてMacbookを買おうとした時、何を思ったか!

これ持ってたらかっこいいな〜!

ガリ

これだけでした。笑 ←形から入る典型的なやつ!

パソコンの機能がどうとか、メモリがどうとかぶっちゃけどうでもよくてただ、これを使ってるとデキるデザイナーっぽくてかっこいいなー!みたいな理由で買っていました。

つまり僕はMacbookを持っていたら「スマートでかっこいい自分が手に入れられる」というライフスタイル体験を買ったんです。

よくスターバックスでMacBookを開いて仕事する人をよく見かけますよね。

今でこそ「スタバでMacを開くドヤラー」なんて言われたりもしますが

こういう人たちが何を求めてスタバでMacを開くのかというと、

僕は「スマートでおしゃれ」な体験が得られるからだと思っています。

もっと言うと、おしゃれで仕事がデキるスマートな「自分」を演出することができるから!

これも一つのライフスタイルです。

それを生み出すためにスティーブ・ジョブズは質感や感触、裏蓋のネジなどの細部までデザインにこだわりました。
それによって所有欲を刺激してくれるとともに、愛着を生み出したんです。

Macをスリープ状態にさせていると、いびきをかいているように、ランプが点滅したり、

iPodをシャカシャカと振ると、曲がシャッフルされたり、

「人間味」をデザインしたんですね。

だからMacユーザーにとってMacはただのパソコンではないんです。
「自分の暮らしを豊かにする相棒」なんですね!

Appleはいつも技術者の視点ではなく、暮らしを楽しむ視点から欲しい「ライフスタイル」を導き出し、逆算をすることでパソコン、音楽、携帯、そして「生活」のあり方そのものを変え、世の中に大きな影響を与える製品を生み出してきました。

要するにAppleは商品そのものを売ったのではなくて、その商品で得られる価値や体験を売ったということになるんです。だからこそ、根強いファンが世界中にいるんですね!

 

広告も結構ぶっ飛んでいた!

 

広告も斬新です。

今でこそ当たり前ですが、当時はまだまだ商品のスペックや技術を押し出した広告が沢山ありました。

そんな中で、Appleの広告はかなり斬新でした。

製品のスペックではなく、その製品を使うことでどんな「ライフスタイル」が手に入るのか、自分たちはどういう想いでこれを使って欲しいのかというメッセージを訴求したんです。

 

Apple CM 「クレイジーな人たちがいる」

新時代の常識になるために、あえてクレイジーなことをやっていこうというメッセージが込められたCMです。

これを見ると、今でも奮い起ちます!

 

1984年にアメリカンフットボール中継で放送されたApple伝説の CM

これは、1984年、アメリカの国民的スポーツであるアメリカンフットボールの頂点を競うスーパーボウルのテレビ中継で放送されたAppleの伝説的CMです。

CM中に「1月24日、アップルコンピュータはMacintoshを発売します。小説『1984年』のようでない1984年を目にするでしょう」と表記されています。

この小説『1984年』というのは「ビッグ・ブラザー」と呼ばれる監視者が人々を縛り付ける世界を描いているSF作品です。

このメッセージに込められた意味がすごく面白くて、当時、圧倒的シェアを誇ったIBMのコンピュータをこの小説『1984年』の中の「ビッグ・ブラザー」としてリンクさせて、閉塞感に満ちた世界を破壊する革命的存在としてのAppleがいるんだ!ということを表現されているらしいです!

マジで反骨精神の塊ですね笑

 

iPodの初代モデルcm

もうこれは一目瞭然というか、こういうライフスタイルいいよね!って感じを表現していますね!

1995年MacCM 日本

これは日本のCMなんですが、やっぱり作りが日本人らしいなぁ〜と思います。

洒落てますね!でも、伝えていることはAppleのスタンスだったり、ライフスタイルがこう変化したよってことですね!

 

 

この考え方をお店で意識してみたらどうだろう

 

この「ライフスタイル」から考えるやり方をお店でも意識してみたらいいんじゃないかな〜と思います。

この考え方はすごくシンプルです。

「誰のどんな生活(ライフスタイル)を豊かにできるのか」です。

例えば、サロンだったらどうでしょう。

カットやパーマやカラーなどメニューがありますね。

このサービスを通して、誰のどんな生活を豊かにできますか?

27歳のサラリーマンがお客さんだったら?

クライアントに清潔感や責任感が感じてもらえる好印象な髪型

53歳の主婦がお客さんだったら?

同窓会でクラスメイトから「いつまでも若いままだね!」と言われる10歳若返る髪型

22歳の女子大学生だったら?

受かりたい会社で面接官に好印象を与えられる就活成功の髪型

このように、誰のどんな生活を豊かにできるかと考えてみると

やれること、できることがどんどん見えてきますよね。

衣料品店でも家電量販店でも商品やサービスを提供しているお店であれば同じことがいえると思います。

自分たちの商売、商品やサービスは誰のどんな生活を豊かにすることができるのかを考えてみると新しい価値が生まれていくかもしれません。

そして、商品サービスの仕様や特徴をただお客さんに伝えるのではなくて、

その考え方や「〇〇な人の〇〇な生活を豊かにできますよ」と素直に伝えていくこと

それに対して価値に感じてくれる人たちもどんどん増えていきます。

これをやることでAppleユーザーのような根強いファンを獲得できるかもしれませんね!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回、Appleから学んだことは、

他と同じように商品やサービスを提供することではなくてその先のライフスタイルを作って売ると根強いファンがつくということでした。

あなたのお店も「ライフスタイル」を作るスタンスを意識してみると、新しい価値を創造しやすくなるんじゃないでしょうか。

ぜひ、売上UPの一つの考え方として覚えておいてほしいと思います!

それでは〜!

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
デザインとかマーケティングとか使って売上UPをお手伝いする人。基本真面目系クズ。恥ずかしがり屋の目立ちたがり屋というめんどくさい一面しかない。人間が本当に好き。好きすぎて趣味が人間観察➡︎職務質問の無限ループ
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



Copyright© ガリラボ/デザインマーケッターGARI , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。