え!?お店の売上が161%UPした「商売繁盛チラシ」の作り方?詳しくはこちらをクリック!
簡単にポスター作りが上手になる7のツボ! | ガリラボ/デザインマーケッターGARI

   

簡単にポスター作りが上手になる7のツボ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
デザインとかマーケティングとか使って売上UPをお手伝いする人。基本真面目系クズ。恥ずかしがり屋の目立ちたがり屋というめんどくさい一面しかない。人間が本当に好き。好きすぎて趣味が人間観察➡︎職務質問の無限ループ
詳しいプロフィールはこちら

店内でも店外でも反応がわかりやすくてお店の売り上げを左右するのがポスター!

あなたのお店はこだわってますか?

僕は10年くらいたくさんのお店のポスターを作ってきました。

その中で、自分なりにこうしたら反応よかった!という作り方があります。
今回は、そんなガリ流のポスターづくりが上手くなる7つのツボを紹介していきます。

自分たちで制作する時や、デザイナーに依頼する時の校正に役立ててほしいと思います!

それではどうぞ!

 

ツボ1 見て欲しい人物を1人だけ設定する

 

たとえば「女性」をターゲットにしたいとしても、
「35歳で子供が3人いる育児に忙しい主婦の女性」なのか
「72歳で息子家族と離れ田舎で1人で暮らす女性」なのかで
ポスターの表現や伝え方は全然変わってきます。
全員に伝わるポスターを作るより、ターゲットを1人の人物に絞って作ったほうが
断然ポスター効果が強まります!
「性別」で考えるより「個人」で考えてみましょう!

 

ツボ2 どんないいことがあるかキャッチコピーでわかりやすく書く

 

これは、かなり重要です!
たとえば、「温泉」のポスターを作るとします。
そのポスターに温泉名と温泉の写真だけだったら、「温泉」ということが伝わって「温泉に行きたい!」という意欲は湧いても「よし!ここに温泉に絶対行きたい!」というふうにはあまり感じないと思います。

だから「ここの温泉に行きたい!」と思われるようなキャッチコピーを入れましょう!

「怒りんぼ母さんが帰ってきたら癒し系になった」とか「忙しいお母さんが選ぶベスト温泉」とか
ターゲットは絞りつつちょっとひねった伝え方もアリかもしれませんね!

 

ツボ3 3秒を意識する

 

ポスターは、どちらかというとじっくり読むというよりは、パッと見ることの方が多い販促物です。
歩きながらとか、チラッと目に入るタイミングでしか確認することはありません。
その一瞬の時間は「3秒」。
この3秒の間に足を止めてもらうため、できるだけ読んでわかりやすい言葉で、
簡潔に表すことが大切になります。

ちなみに、カッコイイからと、英語や横文字などの飾り文字をめっちゃくちゃ多用してしまうと
ポスターは綺麗なだけで終わってしまいます。

入れるとしたら、伝えたい内容の邪魔にならない程度で構成すると伝わりやすいポスターにできます!

 

ツボ4 文字は大きく

 

文字の大きさもかなり重要です!

遠くからでも目に飛び込んで惹きつけられる読める文字でないとスルーされてしまいます。
余白を十分にとり、文字を大きくして目に飛び込みやすいデザインにしましょう!
1メートル以上離れたところから見ることを前提として作るのがベストです!

 

ツボ5 文章はそろえる

 

文章を入れる場合は中央揃えよりも、
文章が読みやすい左揃えにしましょう。
中央揃えだと行の始まり位置がバラバラになってかなり読みにくくなります。
というより読む気になりません。

少しでも読む人がスムーズに読めるような文字校正を意識しましょう

 

ツボ6 フォントを意識する

 

文字フォント、サイズ、太さ、これもかなり重要なので意識しましょう!
カッコよくでも読みにくければ意味がありません。
フォントははっきり読めるものを選んで校正しましょう!

そして、内容とターゲットがうまくリンクするようなフォントを選ぶことも忘れないでください!

太くて角ばった文字か丸く柔らかい文字か明朝系かゴシック系かでもだいぶ印象も違います。

ターゲットから見た印象でなおかつ内容にも一番しっくりくるものを選びましょう!

ただ、アイコンやロゴなど絵として使用する場合は崩しても成立します。
ポスターやチラシなど読まれなければ意味がないものは全てバランスを見ながら校正しましょう!

 

 

ツボ7 最後にどうして行動するか1つだけ伝える

 

ポスターの最後には読んだ人にどういう行動をとってもらうかを一つに絞りましょう!
導線は1つの方がいいです。なぜなら、その方がスムーズに誘導できるから!
当たり前ですね!HPもSNSも電話番号も載せたりすると見た人がどれを行動すればいいのか迷ってしまい、
結局やらないという結果にもなってしまう可能性があります!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回はガリなりのポスターの作り方を紹介しました!

これを意識すると、見てもらいやすく伝わりやすいポスターを作ることができると思います!

皆さんも是非試してみてくださいね!

 

それでわ!

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
デザインとかマーケティングとか使って売上UPをお手伝いする人。基本真面目系クズ。恥ずかしがり屋の目立ちたがり屋というめんどくさい一面しかない。人間が本当に好き。好きすぎて趣味が人間観察➡︎職務質問の無限ループ
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク



Copyright© ガリラボ/デザインマーケッターGARI , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。